読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Le rat mouillé

ポイズン

あゝ、ダニーちゃん…

ダニーちゃんに人生めちゃくちゃにされたい。

ダニーちゃんに社会的に殺されたい。

ダニーちゃんに都合のいいときだけ呼び出されてこき使われたい。
ダニーちゃんに「信頼できるのはあなただけね」ってそんなこと微塵にも思ってないような感じで言われたい。
ダニーちゃんにゴミを見る目で一瞥されたい。
ダニーちゃんに生爪剥がされたい。
ダニーちゃんにボールペンで膝の上のところをグリグリされたい。
ダニーちゃんに「まだ、だめよ。我慢して」って言われたい。
ダニーちゃんに「早っ…。」って言われたい。
ダニーちゃんにちょっと微笑みながらゆすられたかられ脅されたい。
ダニーちゃんに「騙される方が悪いのよ、そう思わない?」って言われたい。
ダニーちゃんに右の頬をあの綺麗な指でなぞられたい。
ダニーちゃんに嘲笑われたい。
ダニーちゃんに性的暴行加えられたい。
ダニーちゃんに勇気を振り絞って気持ちを伝えるも、「…ありがとう」って感情の一切を殺した鉄の表情で言われたい。
ダニーちゃんに自身の凄惨な生い立ちを打ち明けられたい。泣き疲れて寝ちゃったダニーちゃんに毛布かけて去ろうとしたらダニーちゃんが腕を掴んで離さないからそのまま子守唄歌いながら添い寝したい。
ダニーちゃんに「私、甘いの苦手だからあげる」って貰い物のケーキを押しつけられたい。
ダニーちゃんにゴキブリのおもちゃを使ったドッキリ仕掛けられるとオーバーに驚いてみせてダニーちゃんを喜ばせたい。
ダニーちゃんに新聞読んでるときに下の隙間から新聞の前に顔をにょきっと出してかまってちゃんされたい。
ダニーちゃんに買い物に連れ出されて荷物いっぱい持たされたい。
ダニーちゃんに無邪気に微笑まれたい。
ダニーちゃんに素直に甘えられたい。
ダニーちゃんに完全に心を許し、許されたい。
 
そしてダニーちゃんに天地がひっくり返るような裏切り方をされて
絶望の淵で自害したい。