読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Le rat mouillé

ポイズン

ラウルに恋して

このところセクシーゾーンにしか興味のなかった私が劇団四季沼に片足を突っ込みかけるに至るまでの話をまとめるよー!自己満だよー!今日のイベントの話はまた別で書くよー!

四季、初観劇

ことの始まりは今年の5月6日。横アリでセクゾン担が聡マリの新ユニット結成にザワザワしているその頃、私はにゅす担の友人と劇団四季オペラ座の怪人を見てました。
札幌に劇場が出来てからずーっと行きたい行きたいとは思ってたんだけどなかなかタイミングが合わず、この日が初観劇。


f:id:hksw00:20140905215138j:plain(皆が写真撮ってるから…と自分も撮ってみたキャストボード)

学生A席で、結構上手だけど見切れはない席。

ジャニヲタ2人で見に行ったもんだから幕間には支配人シンメが推せる*1だのシャンデリアフライングのスピードが意外と遅いだのヲタ乙って感じの会話をしたり。(ごめんなさい)
最後の方の村ファントム(苗字+役名で呼ぶ文化はこの日いろいろ調べて知った)のシーンのクリスへ向けた「♪ I love you… 」にガチ泣きしそうになったり。
友人は中井ラウルにお熱で「中井担になる!」とか言ってたり。

とっても楽しかったんです。
とっても楽しかったんだけど、どうしようもない不完全燃焼感が拭えない。
何故かというと、この日はちょっと調子が悪かったのかクリスが微妙。
完全に無知な状態で観劇したから最初出てきた時はてっきりメグジリー役の子が主役なんだと思ってたからね。
そして脳内に流れる「 ♪ 演技は酷くてダメっ!」byファントムの手紙より支配人の代弁

2回目の観劇

というわけでちゃんとしたキャストの時にもう一回入りたい…!と思って(策に嵌ってる?)、夏休みが始まった頃に今度は非ヲタの友を連れて劇場へ。
今度はサイドシート、最下手6列目。見切れはあるけどめっちゃ近い!

多分このときの席が近くなかったらこんなにハマってなかったんじゃないかな………

クリスが上手な人ならもう何でもいいよってテンションで行ったのですが、もうとっても良くて大満足。この日のクリスティーヌ役、苫田さんもとっても上手だったし、佐野ファントムは芸が細かくて面白かった!


2人の「ファントム」を見て

少しファントムの話をすると、
村ファントムは歌声が深いのと中の人の年齢が結構いってるのがあって、
クリスが父親に対する想いとファントムに対するそれを重ねてるところが際立って感じられたんだけど、
佐野ファントムはマザコンで(本人が仰ってたね)、聞かん坊みたいな。
自己(とクリス)中心的なところがあって、それは多分ずーっとオペラ座の地下という閉ざされた空間で誰とも接さずに育ってきたから何も知らないんだろうな〜という背景を感じました。

村ファントムはもうちょっと人生経験あって、他の手段があることはわかっていてもこうするしかなかった…って感じで、佐野ファントムはもうこの手段しか思いつかねえやっちまえ!じゃないけど、感情に任せて考える前に行動してる印象を受けて。
それが一番よく表れているのが、クリスとファントムのキスシーンかなと思います。
当たり前だけど同じ役も演じる人によって声色も何もかも違うから面白い!


ラウルに恋して

さあ本題、ラウル。
まず、北澤さんスタイル良い。めっちゃ良い。背筋が貴族だもん。(?)
あとね、顔がカッコイイ。けど垂れ目はチャーミングでキュート。自分より一回り以上も年上のアラフォーおじさんに向かってチャーミングでキュートとか言うことになると思わなかったけど可愛いもんは可愛い。
「大丈夫、僕がいる!」ってセリフ、冷静に考えると何が大丈夫なんだよwwwって草生やしたくなるけど、大丈夫な気がしちゃうもん、笑顔が素敵すぎるから。
そしてなんと言ってもクリスを助けに地下へ来たラウルの破けたシャツな!!
シャツ出てるし。右肩破れて露出してるし!!破けた部分から放出される色気がすごいことになってる。色っぽすぎる。
でもボロボロになった白シャツに、クリスを助けたい!という情熱をヒシヒシと感じてときめく。色っぽいとかいって申し訳ない。
あとこれラウル関係ないけど、北澤さんの横顔がかっこよすぎて、カテコで隣の佐野さんとかを見る時にいちいちときめきが止まらなくて心臓持たない。カテコ2回目あたりになると柔らかい表情で微笑み始めるからときめきさらに倍!

あとさ、北澤さん、ヒゲ付けておでこ出すとガラッと雰囲気変わるよね。一気に貴族顔になるよね。
最初に北澤さんのラウルを見た日に北澤さんのこと調べたけど出てきた画像見て「誰これ?」ってなったくらいには雰囲気違う。今日のイベントはヒゲ無しで髪の毛も下ろしてたから、ドラえもんの声優が◯山のぶ代さんから水◯わさびさんに変わったときのような違和感を抱えながら見てた。
でもどっちもカッコイイ。(結論)

そしてカッコイイのは外見だけでなく、歌声ですよ…
声の輪郭のツヤツヤ感が最高に子爵様〜〜〜〜〜〜!!って感じで良い。
あとクリスとの2重唱でハモるときの、歌声の寄り添い方にクリスへの愛がビンビン感じられてときめきMAX!!

北澤さんのラウルが、私がオペラ座の怪人をリピート観劇している大きな理由です。



………ファントムに関してはめっちゃ真面目に語ったのに肝心のラウルについては可愛いとかカッコイイとかそんな話しかないのかよwって今自分で書いてて思ったんですけど、
考えてみたらラウルってカッコ良くあることが存在意義ですよね。クリスがラウルを選ぶだけの理由。そこ。カッコ良さがなかったらそこが薄れる。だって他にラウルの良いとこってお金持ちってこととクリスへの愛情の大きさくらいでは。
と言って自分の感想を正当化してます。


劇団四季は沼

劇団四季って、毎週月曜日にその週のキャストが発表になるんです、基本的に。
そもそもキャストがどうやって決まるかっていうと、それぞれその役を出来るのは数人の選ばれし者たちのみで、その数人の中から色々な兼ね合いを鑑みてキャスティングされるらしいんですけど、週間キャストが発表にならないとどの役者がどこでどの役をやるのかはわからないって話なんですよ、基本的に。
そしてもちろん予告なしにキャストが変更になることもある。

あら、ジャニーズJr.のようね?( ◜◡◝ )

そう、四季俳優ヲタクは総じてJr.担みたいなもんですよ。(最近はJr.担だけじゃなくデビュー組も大概アレだけどな!!!!!)

そして四季はある演目がスタートする時にいつまで上演するのかがいまいちよくわかんない。「千秋楽決定!」ってダダーン!と宣伝打ってるの見て「えっ逆にまだ決まってなかったんだ?!」ってなった。(専用劇場があるからこの日からこの日まで劇場借りる、って事がないから決まってないのかな)
楽日が決まっていれば、幕が開いてお目当てのJr.がいたら最後までいる確率高いし一ヶ月とか二ヶ月くらいやってるからその間で都合つけて入ろう〜とか出来るけど、
全国各地で年がら年中公演が行われている中で次は誰がどこで何を演るのか予測つけるなんて初心者には無理ゲーです。遠征ガチ勢はどうやって四季ライフを満喫しているのか、ちょっと興味があります。

今日のイベントで「10回以上見た人〜!」って言われた時に、ほとんどの人が手を上げてたんです。20回以上の人もザラにいたので、わたし全然まだまだじゃ〜ん!と思いました。まだ4回しか入ってないもん私。
でも千秋楽までキャスト変更がなかったとしたらもしかしたら私も10回近く入っちゃうかも…と不安にもなりつつ。
引き返すなら今しかないよな〜…という考えが過ぎった瞬間、脳内でファントムとクリスが

♪ もはや退けない〜      (PONRより)

と歌い始めたのでもうダメかもわからんな、と思いました。



こんな感じで、初心者なりにもなんとな〜く劇団四季がどんなとこなのかとかどういうシステムになっているのかとかを把握できてきたんですが、流石にこっちで遠征民になるつもりも金もないのでこのままゆるゆると、たまに観劇していきたいな〜と思います。

以上!………長っ!



【追記】


そして四季アカを作りましたとさ。
めでたしめでたし。



*1:この時の支配人シンメの片割れがのちに私が大好きになる俳優さんであったことはつい最近気づいたアハ体験