読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Le rat mouillé

ポイズン

10/13オペラ座マチネ後編



後編でーす2幕でーす




マスカレード

「残念なのはファントムのいないこと♪」で2人で笑いあってから真顔になったあと、フィルマン氏が「ゔーー…」っていう何とも言えない呻き声を出していて笑った。こんなん初めて聞いたよ私ww

そして鈴木ラウルの「♪もう婚約をしたのだよ」が凹んでるというかちょっとショック受けてて可愛かったです。鈴木ラウル不憫萌えという扉が開きつつある。



「thぁっ曲家なのか?!」




マネ2

今日の感想じゃないけど、あそこのシーンってクリスが最初に出てくる場所は青色?の寒色系の照明が当たってるけどラウルに連れられて舞台前方に行くとそこに当たってるのはオレンジっぽい暖色系の照明じゃないですかーそれって孤独なクリスをラウルが光に満ちた世界へ導くことの暗示っぽくて良くないです?!ねえ!!
まあそういうことじゃないかもしれないけど解釈は個人の自由ってことで^_−☆


そしてラウルさんの「今度泣きを見るのはお前のほうだ!」で上げる腕が北澤ラウルと逆だった気がするんだけどあれは各々の利き腕でやるんだろうか?というとてつもなくどうでもいい疑問を抱きました


ドンファンの勝利


ドンファン前、ハンニバルリハの時と同様に衣装や装飾品を真剣な表情で細かくチェックするカーラさんがプロい…真面目か…



PONR

カシャンッ!とカーテンの音がするとサッと表情が変わるクリスティーヌ。
ねえこないだも思ったけど笠松さんのクリスってもう最初からファントムに気づいてるよね…?
「もはや戻れない」でファントムの方に顔向けてそらされると心なしか悲しい表情する気がするし、手を引っ張られる時も「なんで?!」っていう戸惑いより「やめて!」っていう感じに見える。フードを剥いだ時も呆然としてすぐに手を離さないし。

PONR中の笠松クリスの表情がすっごくて、ずっと泣きそうになりながら見てました。
ファントムがAIAOYを歌う中、手で顔を覆って泣いてる笠松クリスを見て心臓が潰されるような気持ちに。
そして仮面とカツラを剥いだ後のクリスは何だか泣き疲れたというかもう諦めのような何かが見えて、ボートに乗せられてからは生への執着が全く見えず、しかしなんだか決意めいた表情にも見えて、こ、この子、ファントムと心中する気か…?!って感じだった。
「あなたを殺して私も死ぬわ」的な。
笠松クリスは精神年齢が高いから、ただ運命に翻弄されるだけじゃなくてどう動けばいいのか冷静に考えるんだと思うんだ。そして導き出された答えが心中…、の可能性もあるかな、と。
ファントムとクリスが消えれば、ファントムがラウルを傷つけることはないし、クリスを求めるが故に罪を犯して苦しんだりしなくて済む。
クリスもファントムを苦しめる自分が耐えられなかったんじゃないかな。心の奥底で何かしらの繋がりがあるから、一緒に死のうっていう発想に思い至ったんじゃないかな。実に破滅的な愛…

とかなんとか考え込んでしまいました。


隠れ家

ラウルの「♪君を思ってやったのだ」の“君を思って”の駆け上がる音形のとこ、鈴木さんは下からじゃなくて高いとこから入っててびっくりしました。上手く説明できないんだけど、「君を思ってやー」までが同じ音ってことね。
こないだは久々の登板の初日だったからかなと思ったら本日もだったので鈴木さんはこういう仕様みたい。

「悲しみの涙今〜」とか、「ただ恋の夢だけが〜」(ドンファン)とか、弱い高音がすっごく綺麗で透き通ってて芯があって笠松クリスタルボイスはるさん超すごい…と感動してた。

「悲しみの涙今〜」はこないだ転調したのかってくらい違うとこから入ってて肝を冷やしたけど今日のは素晴らしすぎて鳥肌たちました。

そして指輪をファントムに渡すシーンで、ファントムの愛の告白に泣きながら微笑んで頷いてみせるクリスに2つ目の心臓を潰されました…。





正直、こないだ見たときは笠松さんと鈴木さんにがっかりしてしまったとこがあったんですよ。歌が不安定だったから。まあ久しぶりだししゃあないんだろうけどそれでも期待値がすごかったもんで(笑)
でも今日ちゃんとした…というとおかしいけど、安定したいつもの(?)感じを聴けて良かったです。特に笠松さんは今日で抜けちゃうから、最後に素晴らしい歌声を聴けて良かったです………・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・


以上!
もしこの回りくどくて長ったらしいレポまがいの何かしらを最後までお読み下さった方がいらっしゃったら、読んでいただき誠にありがとうございました〜!