Le rat mouillé

🖐🏻

10/22オペラ座ソワレ






こんにちは。お元気ですか。



私は絶賛体調不良なうです。



今回もまあレポというより感想とかそれに関連して考えた超個人的なこととかそんなんばっかりですが一応書きました〜٩꒰๑❛▿❛  ॢ̩꒱

ってことで。

f:id:hksw00:20141024111049j:plain

初・たかいじんさん

はじめまして、たかいじんさん。
歌がすごいと聞いておりましたが本当に歌がすごい。音楽の天使。
芸術の持つ力を信じきってるファントムだなという印象を受けました。
というのも、1幕地下でクリスに仮面を取られてもそこまで取り乱さないんですよね、たかいじん。怒鳴り声すごいけど。超どやすけど。
もう二度と許さぬと言いつつも自分には誰もがひれ伏す音楽の力があるからこの時点ではクリスに裏切られるなんてあんまり思ってなかったのかな、と。

佐野ファントムはめちゃめちゃ取り乱すしどやすしで本当に何も信用してないんだなっていうか繊細っていうか醜い顔をコンプレックスに思う気持ちがすごく強かったように思うけど、たかいじんさんは、僕まだ音楽の力があるし?的な雰囲気を感じました。

それと、AIAOYリプライズの「愛を与えた」の「あ」が「w」(だぶりゅーだよ!草じゃないよ!)の発音が混ざってるように聴こえて、歌詞間違えたかと思ってヒヤッとしましたがあれはデフォなのでしょうか。次観に行くとき確認します。


たかいじん×山本クリス

山本さんは結構モーションの大きいクリス、っていうか多分ずっと佐野さんとやってたからなんだと思うけど、たかいじんさんはそんなに大きく動かなくて、
例えばそれこそ仮面を剥がれたファントムがクリスを追いかけるシーンとか、1幕地下の最後の「お前のことを皆が待つ」でクリスを連れ出すとことか、2幕で地下にクリスを連れて来るとことか、
たかいじんさんはスッと手を引いたりスッと手を離したりするのに対し山本さんは反動で大きく動くので、何だかたかいじんさん見た目に反して超怪力!みたいになってました。それはそれで良いと思いますが(笑)馴染んだらどうなるのか見てみたいな。

あと2幕終盤ラウルの首に縄かけるところでちょっとモタついていたせいで縄かかった後にラウルがクルクル回転してるのがちょっと面白くなってしまっていたのでたかいじんさん頑張って!!(笑)
まさかあのシーンでファントムのこと応援することになるとは思わなんだ。


前回は不調で降板したらしい話を聞いていたのでどうかなと思ってましたが、2幕で高音が出づらそうだった以外は多分調子も良いと思うし、素晴らしかったです。今日初めて聴いたので詳しくはわかりませんが。
とりあえずたかいじんさんの歌、特に語尾の抜き方とかすごくすきです。

どうでもいいけどたかいじんって平仮名で書くとやしきたかじん感あるな。



山本クリス

ちょっとだけお久しぶり!やっぱりお歌が安定していていいですね。
ただ安定してそこに居てくれるからこそあんまり目が向かない(笑)
でもマダムジリーに集中しなさい!って言われてハッとなって慌てて踊り始めるとことかAOMの「天使がいてくれるの〜」でメグに手招きするとことかチャーミングですきです。
あと墓場の「忘れなければ〜」の「ば」の泣き声の感じもすごくすきです。ていうか山本さんの墓場、すきです。
呼吸で演技するところが多くなったなと感じました。


ビビり紳士・北澤アンドレ

さて来ました本題、北澤アンドレ!
普通にアンドレ。ちょっとだけ貴族臭のするアンドレ。
なんかそれどうでもいいよみたいな感想しか出てこないんですけど。

「誰が代役をやりますか?」は、北澤アンドレは語尾が上がってて完全に疑問形だったので「言うても他に誰かおるやろ」的な雰囲気を感じました。
さっきはカーラにファンなんです♡的な態度とってたくせに…!*1怖…!

クリスの楽屋に1人で行かせてくれと言うラウルへの「どうぞ、お望み通りに」も語尾が上がってて、ちょっとニヤッとしてて、おい何を考えてる(笑)って感じ(笑)
正確に書き表すとしたら「どうぞ、お望み通りに^^」的な。煽りの顔文字が見えました私には。怖…(笑)

マネ1は結構イライラアンドレさん。

そういえば北澤ラウルもマネ1では今まで余裕しゃくしゃくに生きてきたのに恐らく初めて自分の思い通りにいかない問題が出てきて超イライラしてたな…っていうのを今書いてて思い出しました。

プリマドンナ前の「あなたを〜」の低音、前に観たときは増田さんと北澤さん共々ポシャってたし青木さん入ってると増田さんの低音はあんまり聴こえてなくて、そもそも2人とも音域があれなのかなと思ってたんですが、昨日は北澤さんの声も聴こえてました。っていうどうでもいい話。

あとローリングカーラで何回か方向転換するところ、クルッ!!!と素早くターンするのが逆になんだか滑稽で良かったです。
ていうか、北澤さん、そんなにキレ良く回るんだ………。
マスカレードでもノリノリで踊ってるの見てビックリしたよ…そんな引き出しあったんだ!って…
マスカレードのどっかで両膝を左右にクイックイッする振りあるじゃないですか。メグ達の後ろで一緒にやってるやつ。あれが可愛くてね…おっとこのまま書いてると本編と関係なくなり始めるぞ!

そういえば、イルムートで3幕のバレエを〜と説明するところ、北澤アンドレのプログラムの見方は電車内で新聞読むときみたいな、なんか折りたたんでコソッと覗き見るみたいな感じで。
なんというか、すごく世間体を気にするアンドレだよね。世間体っていうとまた違うんだけど語彙力なさすぎてなんて言うのが適切なのかわからんけど。
「ああ、もうお終いだ〜」って言ってるのがわりとまじで可哀想になってくる(笑)


それに関していうと、1幕でアンドレがフィルマンを諌めるとこも全然慌てるわけでなくて。フライング拍手を止めるときも「これこれ、フィルマンや」って感じだし、タバコもスッ…と抜き取って「これこれ、フィルマンや」って感じだし。爺やかよ。
北澤アンドレさんは紳士風に振る舞うな〜と思いました。(“風に振る舞う”というところが肝です。)

でも、何か問題が起こるたびに、不安げにフィルマンさんの方をチラッチラ見る。チラッチラ。
へいへいビビってる〜↑↑

かと思えば最後の方はまた落ち着きを取り戻してらっしゃるアンドレさん。

「他にいい方法があるか?」
「すべてお任せいたします。」


……腹くくったー!





支配人コンビ

青木北澤コンビは初めて見たわけですが。
あれだね、北澤アンドレは青木フィルマンとそれなりに仲良いと思ってるけど青木フィルマンはビジネス上の付き合いに過ぎないと思ってそうだね…。切ない。しかしそれもまたよし。
このコンビは2人とも美声で声質がマッチしてて、そこのコンビ感あって良かったです。

増田青木コンビはプライベートでも飲みに行ったりしそうな和気あいあいとした支配人ズだったね。
北澤増田コンビはいとこっぽさがあった。親族経営。コンビっていうかツインズ的な雰囲気。だった気がする。

声質の独特な増田さんがどっちかに入ってると、2人の歌声が揃ったときにコミカルなテイストになるので面白かったな〜と、初めて増田さんのいないオペラ座を見て感じました。

やっぱり支配人ズというキャラクターがすごくすきなので推しがアンドレにキャスティングされててラッキーだったな〜…

北澤アンドレ、推せる…!






あ、いっこだけ、懺悔させてください。


ハンニバルリハで北澤アンドレが山本クリスと距離近づいたときに瞬時に「ああ前世で結ばれた2人が」とかなんか超めんどくさい設定が脳内に浮かんできてそれ以降しばらくそういう目でしか見れなくなって「2人とも、気付いて…!>_<」的なよくわかんないクリスの友人ポジションみたいな楽しみ方をしてしまって大変申し訳ありませんでした!!!(ここまで一息)




でもやっぱり北澤さんのラウルもまだ見たいよ〜…
ていうか北澤さん解釈のラウルに惚れたせいでオペラ座に通うようになったので、もう北澤さん解釈のラウルが正義になってしまっているところがあるわけですよ…つら…
そして自然と比較してあーだこーだ考えてしまう自分にとっても嫌気が差してなんかもう行くの辞めようかなと思うところまで行ったんですけど。(弱ってるときに考え事するもんじゃないね!)
正直自分はなんてめんどくさいヲタクになってしまったんだろうと頭を抱えることが多かったんですが、昨日の道新に入っていた北澤さんの記事(取材が結構前だったのか、ラウル役としての露出でした)を読んでそうそう!!そうなの!!そこがいいんだよね!!!と演じている本人の言葉に対して(…w)激しく同意していたらなんだか吹っ切れてきて、もっとフレキシブルなヲタクになろうと心に決めたので次からはいちいち「ヒッ…!」とかいわずに観劇したいです。
何言ってるかわからなかったらすいません。



以上でーす!



*1:ほら、なんていうか、あなたは唯一無二ですよ♡的なね…?