読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Le rat mouillé

ポイズン

とりあえず、千秋楽雑感

(FC2ブログの方の記事を移転させました。)






終わってしまいました。

オペラ座の怪人



今日の公演はいろんなことがたくさんありました…(笑)

千秋楽って、緊張するものなのかな?
まず橋元ブケーの歌の入りがズレたところでヒヤッとし、青木フィルマンの甘噛みに驚き、マダムのセリフ間違えにビクッとなり…って感じだったんですが、
その分プリマドンナは各パートの大事な部分が聴きやすくて迫力もあって今まで私が見た中で一番良かったし、山本クリスのTOMや墓場はもちろん2幕地下の間の取り方とか最高で今まで見た中で一番良かったし、とにかく今まで一番!ってとこがかなりたくさんあって。

今日はそういう意味ではジェットコースターみたいな公演でしたね。
今考えるとすごく楽しかったです!(笑)




私のご贔屓さんの話をさせてください。

北澤さん、今日不調だったようで、声が掠れたり出しづらそうにしていて。
リトルロッテではかなり辛そうにしてたもののマネ1プリマドンナはいつも通り(いや、以上)で、良かったんです。
でもそれも恐らく綱渡りなところがあったんだろうなといった感じで。
「心配するな、僕がいる」も少し声が枯れてて、このあと大丈夫なんだろうか…と何故か自分が緊張したりしていたんです。

でも、屋上~AIAOYまでの北澤ラウルが逆にすっごく激しくて。
何かを吹っ切ったかのように、雄々しくて。
(不調が関係してると思われる)
(マイクの音量上げたのかなと思ったけどその後はそんな感じじゃなかったので上げたわけではなかったっぽい)
あんなに荒々しい北澤ラウルは初めて見ました…。

そしてそこまで猛々しかった分だけAIAOY初めがものすごく柔らかくて。
もしかしたら偶然の産物かもしれないけど、そのギャップがすごく良くて、結局心を掴まれてしまいました。
まあ途中ちょっと危なかったけどそれがまた感情の高ぶり、って感じになってて。
「ピンチはチャンス」を地で行く男だよ。
でもあいらぶゆーは決まってて良かった。

今回は、今まで見てきた中で一番心に残る屋上シーンでございました。
そしてAIAOY後に拍手が起こったのは今日初めて見ました私。


幕間はトイレが長蛇の列だったので
「開演押せ…北澤さん少しでも長く休んでくれ…」
と思ってたらまじで少し押しました。トイレ列、半端じゃなく長かった(笑)
でも2幕始まってマスカレードの歌パートがすっごくキツそうで。
もう半分泣きそうになりながら見ていたんですけど、その後はマダムとの会話で声が掠れたくらいであと歌は良く歌い切っておられて、やっぱり流石でした。
ときどき掠れても大事なところはバッチリ決まっていて本当に良かった…。
そんな状況だったので、2幕地下の北澤ラウルからはリアルな「捨て身の覚悟」が感じられて涙を禁じ得ませんでした。
中の人の事情と役を重ねて見てしまって罪悪感あるけどでもあれは重ねざるを得ない…。

まあもしかしたら私が北澤ラウル好きで回数見てるから気になっただけなとこもあるかもしれないけど、今日はほんとにジェットコースターに乗ってる気分でした。

今日ほど緊張感のある舞台は初めて見たし、私はこの先ずっと今日の公演のことを忘れることはないだろうなと思います。
どうにもいろいろありすぎた…ww

開幕からずっとアンドレのちラウル登板からのアンドレ戻りでラスト2週まさかのラウル再登板とこの一年ほどで不在は6週だけ、そしてずっと札幌オペラ座の公演委員長をしてこられた北澤さんには本当に心からお疲れ様でしたと労いの言葉を贈りたいし、感謝の気持ちでいっぱいです。

そして後半(?)からずっと札幌オペラ座を引っ張ってきた佐野さん、デビュー後ずっと連投で大変だったろうに素晴らしい成長を遂げて楽しませてくれた山本さん、などなど上げていったらきりがないですが、全ての出演者スタッフに、感謝、感謝です。
オペラ座に通い始めてからの3ヶ月間ほど、最高に楽しかったです。


とりあえず千秋楽公演の雑感だけ、と思ったらまた長くなってしまった~!
でも本当に今日はいろんな意味で思い出深い公演になりました。



結局、私のオペラ座観劇生活は北澤ラウルに始まり、意図せずして北澤ラウルに終わりましたとさ。




(千秋楽キャスト表と、大入り袋。中身はコースター。)