Le rat mouillé

🖐🏻

血の匂いのする映画『ディストラクションベイビーズ』感想

観てきた。ディスベ。



ネタバレるかも。
パンフとか読んでないのでとんちんかんなこと言ってるかも。

(ブログまで分けると面倒くせえなってことがわかったのでこのブログはジャンルごちゃまぜで行くことにした)










まあ、暴力しかない。



でも、明確に一線を越えるのは那奈だけで。
クズだけどそんなつもりはなかったはずの那奈が。
意志を持って、2度。





裕也に対しては「転落」という表現はしっくりこないかな私は。

それだけ、彼の中の秩序が消失していく様子が自然だった。
当然の成り行きというか。
秩序の「崩壊」というよりは「消失」。

どこにでもいるちょっと危なっかしい子の、頭のネジが外れただけのような気がする。


裕也が小物であれば小物であるほど那奈の人でなしっぷりが輝くので、そういう意味では裕也はステンレスよりも軽くて弾力性のあるゴミクズだし那奈は人間の業をかき集めてヒトの形に練り固めた鋼塊みたいなやつだと思う。



しかしステンレスはステンレスなりに暴力では発散することのできない「満たされない承認欲求」を抱えていることに観客がほんのり気付かされるようなシーンがあり。

全編を通して暴力でお届けされる映画だからこそ、そうした些細な“揺れ”にハッとさせられる。*1


もしかしたらあのシーンがなければ別にあの役は菅田将暉でなくでも良かったのだろうと思うし、逆にあのシーンがあるからこそ“菅田将暉による裕也”であることがもう超正解!!!!大正解!!!!!という気持ち。

あと「でっかいことやれるやろ!俺らなら!」(ニュアンス)的な青春映画にありそうなセリフをあの状況で裕也が言うと爽やか犯罪ロードムービー的カオスな空間が出来上がっていて大変興味深かった。すごい皮肉。

で、でっかいことやれるやろ俺“ら”、と宣った裕也がやったことと言えば非力な女を襲うことくらいだからまじで裕也のクソスキル高すぎ。



そして那奈の人でなしっぷりはむしろ後光が差しそうな勢いでクソい。

というか怖い。
あの映画の中で一番恐ろしい。
(泰良は「恐ろしい」という規格からは外れている気がするので除外)


劣悪な環境で育ったのだろうとは想像がつくけど、その上に天性の狡賢さと冷徹さと激情を兼ね備えてしまったモンスターというか。


瀕死の裕也を痛めつける野蛮さはもちろんだけど、それよりも、病院での事情聴取の際に見せたあの表情。

警察の人にはわからないくらいの薄っすらとした笑み。

裕也を「死んじゃった子」と呼ぶ、命の重さを感じさせない軽さと渇いた声。


(もちろん裕也はそのような仕打ちを受けるだけの悪行をしたが)



那奈と泰良は別のベクトルに同じ数値分ヤバい奴だと感じたんだけど、2人の違いは「自覚があるか否か」かなと思う。

那奈は、多分、わかってる。わかってやってると思う。


泰良は生きてる世界線が違いすぎて。
悪いことを悪いこととして自覚してないというか彼の中では別になんてことない行動なのかな的な。
呼吸するように暴力する。
常識が“欠けている”とかではなく、常識が“違う”。のかな、と。



次元が違う。


その計り知れなさが、見る人によってはとてつもなく強そう*2に見えるのかもしれないし裕也にはそう見えたのかな。

泰良の威を借る裕也。

裕也の承認欲求の表れというか

寂しい子だな、と。




あ、いや、
美化するの癖だからクソいキャラにも人間的な一面や弱みを見出そうとしてしまうけど裕也はクズです。



というわけで1回見ただけなので記憶があやふやだったりするけどディストラクション感想でした。

面白かったです。

以上。

*1:そしてその“揺れ”を感じたからこそただの小物に見えたところもある

*2:喧嘩が強いとかでなく