読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Le rat mouillé

ポイズン

オペラ座の怪人@名古屋 2016/6/25MS 〜芝vs久保vs北〜


久々にマチソワ。

やん北さんのメッセージが増えました。



肩リフトの話


第一声がこれとは…(笑)
成功してよかったです。

ちなみに北澤さんも久保さんとの時は(多分)毎回肩リフトしてたので*1特に珍しいことではないのかもしれないけど、肩リフトの帝王(?)みたいなイメージの涼太ラウルがこないだは肩リフトをしていなかったので、余計に、えっ、あっ、やるんだ?!ってなった。

肩リフトの発動要件って何なのだろうね?
とりあえず苫クリスはあんまりやらないとして(笑)、やっぱりリフトは連投だと大変なのかね。

気になるところではあるけど別にお姫様抱っこでも十分に「やっと会えた〜!」感は出るので個人的には特にこだわりない。

「やっと会えた〜!」感というのはマスカレードがオペラ座のストーリーの縮図になっているという話を聞いてからじゃあクリスがラウルとはぐれて踊ってるあたりはMOTNとかで肩リフトのあたりはAIAOYなのかなと思っているというただの個人的な解釈ですが、
クリスとラウルがいい感じの緊張感を湛えて「来るぞ…!来るぞ…!」感を醸し出しながら駆け寄る雰囲気はとても好きです。

久田お猿さん

久田さん10枠とか少なくとも私は初めて見たし某サイトで調べると枠の記録が抜けてる時期の札幌オペラ座を除けばやっぱり久田さんはずっと9枠で、記録が抜けてる時期でも久田さんの登板時は石野さんか野手ちゃんさんが登板しているので、
ひょっとして、もしかして、この週がデビュー2週目でしたりとか………?

おめでとうございます(合ってるか自信がない)


芝vs久保vs北


芝さんは「ただの1人の男としてのファントム」という役作りをされているそうで実際に観ていてもそのように感じるのと、
久保さんも直感剥き出しで生きているクリスだなと思ってて、
北澤さんも人間味溢れるラウルだと思うので、
つまり3人ともが比較的人間臭いキャラだと思うのだよね。

だからそれぞれが別の人と絡むとそこまでそう感じないんだけど、この3人が揃うと感情を包み隠さずありのままにぶつけ合う一面が際立つというか。



ただ、久保クリスのファントムへの責任感が増したことで少し変化が見えたかな。


悲しみの涙今憎しみに変わった後、責任感が奮い立った感じで。
「この怪物をなんとかしなければ」
「私がこの手でそれを為さねばならない(否、為すべき)」というような強い目。

聖母を通り越してオカンですわ、もう。

「怪物」という表現を使ってしまったけど…奥深いところでの「愛」がそうさせているように感じた。それはそれは大きな愛。(←本人はこれに気づいておらず、必死になった結果、無意識のうちに、なのだろうな…というところが重要。(それまではブチギレクリスちゃんだから))
もちろん、自分がこの怪物を育ててしまったという責任感も含め。


だからとても凛々しいし、墓場とは段違いに強くなっていて、成長している。

そんな姿が胸を打ちました。



あとPONR後のAIAOYリプライズを聞いている久保クリスの表情に「あなた今更何を言っているの?」とでも言わんばかりの静かな怒りを感じたんだけど、
仮面を剥ぐ少し前から、迷いが生じたような、凄く葛藤しているような表情を浮かべていて。
それが苦しそうで。痛々しくて。
ファントムの心の痛みをそっくりそのまま受け入れ感じているかのような様子で。


見ているこちらまで苦しかった。


これはもう少しこねくり回したい案件。




そういう感じで、この辺にしておきます。キリがないから。(笑)


以上!








ついでにツイート丸投げぽいっ



















*1:久保さんデビューだったからというのもあっただろうけど。(しかしその週は山本クリス回でも肩リフトあり)