推しがキャプテンに就任しました。


ダイマ記事とかじゃなくて、普通に雑感。





NGT48加藤美南さんが、新チームN IIIのキャプテンに就任することが発表された。


かとみなは冷静で大人な考え方も持っているのでキャプテンに向いているな〜なって欲しいな〜と思ってたこともあったんだけど…。

かとみなが自身のことで悩んでる時期もあったので、流石にきたりえの後釜だなんてそんなことはないだろうと思ってたら
あった。


そんなことあった。



かとみなのヤバい一面しかご存じない層には混乱を巻き起こしたのではと推察するが、かの号泣SR(11月末のアレ)の時ですら、散々泣いた末に最後を「ルレクチェ*1買ってね」で締めようとし始めるくらい責任感の強い子だから。(まあその時は泣いちゃって気まずくなったからだと思うけど笑)


加藤美南のグループに対する姿勢を、私は本当に信頼していて。「グループという大きな円の中に小さな円が出来るのはちょっと(好ましくない)」という考え方もそうだし*2
D3の話題の際にSRで語った「いい先輩になりたいとかじゃないけど、みんながストレスなく居られる環境を作れる先輩になりたい」という発言にしてもそう。




今、あと2,3つ具体的なエピソードを上げようとして思い浮かばなかったんだけど、彼女はそういう“良い話”的なことを積極的に語るタイプではないのだった。話題の中で湧き出てくる言葉に真理を突くような考え方が見えるので、伝わりづらいのかもしれない。私には伝わっている。だから私は彼女を全面的に信頼している。




もう一つ、「悪役になれるか」という点もキャプテンに必要な要素だと思う(タイプによるだろうけど)。


公演で「世界はどこまで青空なのか」のセンターが発表された日、お見送りの時に前センターの中井りかちゃんに要らんことを言った人がいてSRでご立腹だったとき。
話の流れで、

「自分の推しを思うあまり他メンを傷つけてしまうことも知らず知らずのうちだったらあるかもしれないけど極力やめようね(ニュアンス)」

と言ったのが忘れられない。これはまさにアンチの動機だと思うので。
りかちゃんはアンチ多いし常に喧嘩売ってらっしゃるけど(笑)、りかちゃんのことが嫌いなだけの人ってあんまり居ないと思うんだよな。「自分の推しを思うあまり」のことが多いと思うんだよ。

まあそれはどうでもいいんだけど、こうやってオタクに意見することでもアンチが沸いてくる可能性は高くなると思う。だけど美南ちゃんは言うべきことをきちんと言葉にする、場合によっては悪役になるというところも実はキャプテンに適しているのかもしれないと思ったり思わなかったり(自信なし)





いやぁ、しかし、見てる人は見てるというか…………。

運営はメンバーのことちゃんと見てるんだなぁと感じて嬉しかった。よく考えたら当たり前のことなんだけど。(りえちゃんにも頭が上がらない。これまでもずっと。)



かとみな氏、何故かダイエットの様子はご丁寧に実況してくださるが基本努力を客に見せない人なので、もしかしたらこちらが思っている以上に適性を認められているのかもしれない。どうなんだろう。
「干されに不思議な干されなし」と言うけれど、推されにも不思議な推されはあんまり無い。これは他ジャンルの推しでも感じていること。
“48”という枠組みは愛せないことが多いけど、NGTという箱は愛してる。信頼してる。



4月は忙しくてもう1ヶ月ぐらいお姿を拝見できてないので早く可愛いお顔を拝みたいな。正直握手はめちゃめちゃ不得手だけど、こういう時は直接気持ちを伝えられる場があって良かったなと思う。やっぱりまだ緊張しちゃうけどね。


とにかく、美南ちゃんがどうキャプテンを務めていくのか、NGTがどんな風になるのか、そして美南ちゃん自身がどう変化していくのか、ワクワクしかないです!!不安もあって当たり前だけど、私は勝手に信じてる。美南ちゃんなら立派にキャプテンを全うできる!!楽しみだ!!





というわけで、もうSRで余計なこと言っちゃだめよ、推しちゃん!笑






☟☟選挙対策委員会のホームページ☟☟

*1:加藤美南は中村歩加ちゃんと共にルレクチェ大使を務めた。ルレクチェとは洋梨の一種で、新潟では盛んに栽培されているそう。

*2:これと似たことを他ジャンルの推しちゃんも言っていたことが判明して流石にビビり散らした