涼太ラウルのAIAOYをソワレに聴いたせいです。オペラ座の怪人@静岡市民会館 2018-7-28



何年ぶりよ?!



※横浜オペラ座以来1年1ヶ月ぶりでした



最後に見た公演の感想ブログ書けなかったけど、初日は冷静で大人だった神永ラウルに数ヶ月で屈強さと情熱が加わっていて、こっちのパターンも良かったです。初日からのキャラの変遷がなんだか既視感ありましたね。(1年越しの感想)
一緒に行った非ヲタのお友達(何故か涼太さんのことだけ「涼太」と呼び捨てにする)は、神永ラウルと山本クリスのペアがいたく気に入ったようでした。



今回はなんとな〜くふとオペラ座のことを思い出して、なんとな〜く週間キャストを見たら涼太ラウルだったもんで、なんとな〜く静岡に行って。台風の中。浦島すぎてね、前の週に開幕したばかりだったことすら知らなかったんだけど。まあ、良くて。オペラ座への熱量を思い出しつつあるところ。




これは私事なので誰が悪いとかの話ではないことを前提に書くんだけど、

私はラウル厨で。久保クリス爆誕以降はクリスも推してて(推してて?)。

特にラウルの解釈や立ち位置は、私の作品解釈に絶大な影響を及ぼすわけです。

新ラウルデビューにラウルの演出変更が重なった上に、結果的にデビューしたばかりの頃から観てきた山本クリスが120°くらいキャラ変してしまって、オペラ座という作品が遠いところへ行ってしまった感覚があったわけです。(クリスのキャラ変については後述。キャラ変自体は良いけど山本クリスは山本クリスとしてずっと存在していて欲しかった…という面倒くさい願望です。)


端的に言うと、感情移入しにくくなっちゃった。まあ“私が”感情移入しにくくなっただけの話であってね。作品はずっと続くし、「2人は別れを告げるけれどどうぞ私のようなオタクなど置き去りにして突き進んでね…」と旅立つオペラ座さんを見送った、そんな感じ。

今思うと完全に私のメンタルの問題でしかなくて笑うけど(笑)、足が遠のいていた期間がちょうど冷却期間になって良かったです\(^o^)/


久しぶりにオペラ座記事を書くので牽制しておきますけど、私はラウル厨かつクリス推しなだけで別にファントムが嫌いなわけではありませんのでよろしくお願いいたしますよ!!*1



まず全体的に色々

台風が来てたからね!(私も日帰りの予定だったけど急遽静岡に泊まった)


この日誰かが音を外してたとかいう訳じゃなくて、むしろ逆で。綺麗な和音になってしまい「惜しい」と思った箇所があったので、面白いな〜〜と。


でも音源は横浜あたりで録り直したのかな?音自体は凄く良くなってて嬉しい〜!前の音源はガッサガサだったもんね…。



名古屋ぶりに観た涼太ラウル



名古屋の自己犠牲型ラウルが涼太ラウルの中で一番好きだったんだけど、やっぱり私の中の涼太ラウルってこうだな!!と静岡で再確認しました。もちろん良い意味です。自己犠牲ラウルが恋しい気持ちもあるけど、涼太ラウルが元気ならそれでいいです。でもカテコ最初の方は相変わらずやつれていて怖いので、おじいちゃんラウルの様子を思い出して泣きそうになる。カテコを地続きで見ていいものか分からないけど。



演出変更を象徴する最初のシーンはTOMの転調だと思うんだけど、そのシーンをずっと観てきた涼太ラウルで観て(聴いて)、込み上げるものがあった。

同時に、これで私は新ラウル達のことも素直に楽しめる気がする、と思った。新ラウル達の登板も待ってるぜ!(まあ楽しめてなかった訳ではないですが)





贔屓の登板も待ってます(切実)(自業自得)



結局、涼太ラウルのおかげで演出変更をだいぶ受け入れられた気がする。作品の本質は何も変わってないと気付けた。私の好きなオペラ座だ!と思えた。やっと。笑

あと支配人コンビも増田青木ペアだったり、マダムも早水さんだったりで、私にとって馴染みの深いキャストが多かったのも要因の一つでした。完全にこっちの事情なのでオペラ座さんは何も悪くないです。


岩城クリスティーヌ



















久保クリスに限らず、苫クリスもだいぶ暴れてた気がするけど…?笑

はるクリスや山本クリスなどの“巻き込まれ科 聖母属”クリスはそう思う人がいても仕方なかったかなと思うけど、聖母クリスの静かに燃えてる感じ好きだったので…そういう話を聞くたびに、見方は人それぞれだなぁと思います。

ちなみに山本クリスは演出変更後に巻き込み科へ転科した印象を受けて寂しかったんですけど最近はどうだったんだろう。また観たいなぁ。山本クリスの、デビュー直後から低音も高音も満遍なくコンディションのムラもほとんど無く安定っぷりで右に出る者がいなかったのって実はめちゃめちゃ凄かったんだな………と最近よく思う。




岩城クリスに関しては、歌声が圧倒的すぎてまだキャラまで詳しく見れてないっす。
基本的に落ち着いていて、ファントムを思うからこそしっかり向き合っているオカンな方向性だと思った(演出的にそうだからかな)。

最後の指輪を返すシーン、戻って来た時に「あなたはきっと大丈夫」という表情をしていて、ファントムへの信頼が見えたのがグッと来た。と同時に、ファントムの「アイラブユー」を聞いた瞬間に我に返った様子があって。我に返ったことが原因で地下を出て行ったような印象を受けた。オカンにはなれない(側にはいられない)、結局男と女だったということなのかな……?ちょっとまだよく分かってないです。ファントムのアイラブユーで我に返ったクリスを初めて観た気がする。非常に興味深い。



そういえば岩城さんのバブデビューを見た気がするんだけど、その時に歌声がはるさんっぽいと書いた気がするんだけど、あの〜…


圧倒的でした。


相対的に見ても絶対的に見ても、紛れもなく圧倒的な歌声でした。


キャラ的にはまだ演出の範囲をなぞってる印象しか分かってないので、次行った時にちゃんと観たいです。

と言いつつまた聴覚でやられそうだけど。



以上です。





(自業自得)





本当に以上です。

*1:「◯◯ファントム様の魅力を忠実に書け!」という嘘みたいなお叱りコメントを頂いたことがあります