劇団四季ソング&ダンス65@ひたちなか市文化会館 2018-9-8

レポ的なものが書かれていると信じてこのページを開いた人がいたら申し訳ないですがお求めのものは無いです。404。












ソンダンに足が向かなかったのは他ジャンルの現場との兼ね合いもあるけど、もう一つの理由は「中途半端に1曲だけ聴いてしまうと久保クリスが登板する気配のないオペラ座と向き合える気がしないから」でした。でもソンダン出演は出世コースらしい(山本さんもフェス出てたね)ので何とも複雑な心境で。やっぱりね、作品の中で生きる贔屓の姿を拝めるのが一番の僥倖だという気持ちは強い。でも、あ行でおの口に寄ってちゃんと響かせてくる感じとかでTOMカデンツァを思い出してしまったり、とある行で息が混ざる感じだったり、些細なところに久保クリスティーヌの息吹を感じてしまうわけなんですよね。アラーナで観てもそんなこと全然ないので久保さんが久保さんとして歌ってるからだと思う。贔屓と呼ぶ人をソンダン系で観るの今回が初めてだからかな。自由で観た時は、ソンダンで久保さんが良いパートをもろてることへのひょえぇ〜っていうそれ(語彙)で頭がいっぱいだったんだけど。日を置いたからか、落ち着いて観れたかも。と言いつつ自由を求めてとかクリスとか歌う度に過呼吸なりそうでしたけど。しかも芝久保ペアという新名古屋ミュージカル劇場が産んだ怪物が揃ってしまっていたので。2016名古屋の夏に亡霊蘇りました。何が言いたいかというと、久保クリスが観たいです。以上。








………いや、以上ではなくてですね、河津さんの顔とダンスがバチボコ好みなことに、何故かこのタイミングで気付きました。1幕の途中で。バトンの人であることは分かってたので2幕に向けて生きた心地がしませんでした(オペラ座も2幕…)。バトン美しかったので加藤美南ちゃんは新潟公演を観に行ってください。え、いやそんなことより遅くない?私遅くない?本気で2016年を生きてない?河津さんのことは恐らくWSSでも猫でも観てるんですけど(猫はキャスボ写メを見つけた)、何故か今更気付きました。可愛い人がカッコ良さを隠しきれない瞬間、みたいな雰囲気に弱いんですけど(例:北村ライオネル)、わりと本気でコロッと落ちたので最悪久保さん抜けても河津さんいるんだなと思ってチケ手配したらまあ久保さん抜けてしまって想像の倍は凹んだ。めちゃ凹んだ。でも観光も兼ねて手配してたので開き直って楽しんできます。以上。