読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Le rat mouillé

ポイズン

美女と野獣@広島 7/4MS、7/5千秋楽

劇団四季

BB初心者にも程がある不束者ですが、
行ってきました千秋楽。

というわけで初心者の今だから書ける、薄っぺらくて軽い感想を書き残すよ!

あと複数キャストで見てない人に関しては、〇〇さんの〇〇役は、という体ではなくそのキャラクター自体の萌えポイントの話が多し。
初心者なりにいろいろ語っているのでよろしくご指南ください的なあれ。


ざーびー


このシーン、油断してたら突然ざーびーの怒号が聞こえてきてビクッとなってしまった(アホ)。

野獣の羞恥心が切ない。
見た目は厳つい野獣なのに中身がデリケートな野獣が切ない。


「私と一緒に夕食を食べ!!…………ない………か、……ね?!」
の、「ね?!」の部分が超無理矢理感情を押し込めようとして押し込めきれてなくてトイレ我慢してる子みたいになってて盛大にわろた。

前回は「ね?!」の段階で媚びへつらう感じになっててそれはそれで笑ったけど。

まあ人にお願い事なんかしたことなかったんやろな………
城のみんなが全部やってくれてたんやろな………
って感じの不器用さプライスレス。
自身は愛することを知らなくてもなんだかんだ愛されてはいる?野獣。
頑張れ。



後半はどうでもいいけど、


だってあの時ってBOGで城中の人たちが出払ってるから野獣さん自らせっせと準備をしていたと考えて良いんだよね?ね?

あのシーン、BBで1、2を争うくらい好き。
ベルに城のことを褒めてもらえてガタッ!となったのに
「彼さえいなければ」
と言われてしょげるの哀しすぎない?!
あと思ったより城のこととか城のみんなのこととか大好きっぽいの可愛い。

そういえば登場シーン初っ端から
「私を裏切ったな!」
とか言うもんな、何だか途端に可愛さ溢れるな。

こんな状況下だし、心の拠り所だったんだろうな。


(7/4S)

ここでミセスポットを見つめるシーン、大好き。
そのシーンまでは、あの手の振り返り芸はヘタレで情けなくて笑いを誘うじゃん。
でもあのシーンだけ、すごく毅然とした態度で、誇らしげにミセスポットを見つめるじゃん。ずるいよね!すべては伏線か!よく出来てんなあの劇!

そしてミセスポットの優しく頷く様子も泣ける。
ずっと母性あふれる眼差しで野獣のこと見てたもんね…心配だったよね…。
しかもそこには、自分が(そして息子が)人間に戻れる戻れないという大問題が絡んでいるのにだもんね…聖母か?




話が前後するけど、「愛せぬならば」のこと。

「哀れなやつめ この醜さで」の入りがすごく静かで。
それが純粋に自分の境遇を哀しんでいる様子が伝わってきてこちらまで切なさ爆発しそうで。
破いてしまったベルの服の袖を見つめながら「愛なしには…」と歌い出すところの、何もないところから霞のようにすぅっと現れ出るあの美しさを私はどう頑張っても言語化できないので誰か頼んだ。
そして、特に千秋楽では、言葉のひとつひとつがすごく丁寧で。
愛せぬならばという曲自体を自分はまだよく理解できていないのでアレなんだけど、
「すまない、悪かった…」
という台詞の言い方がベルの袖を破いてしまったことだけでなくそれまでの数々の過ちに対する侘びに聞こえるので、そこからの愛せぬならばに、決意…というか、よくわからないけどそんなようなものを見た。


クソどうでもいい話なんだけど野獣ちゃんは引き裂いてしまったベルの服の袖もガラスケースに入れてうっとり見つめてそうだよね。

ろうさんコッグス

ろうさんコッグス、超堅物!「ますます融通が効かなくなって」と言われるの超納得。
でもベルちゃんにお城の案内をねだられたときのデレっぷりが超可愛い。
そういえば何か、何だろう…と思ったらあれだよ、コッグス、歌パートが少ない!でも台詞も終始良い声でござった。
(気軽にろうさん呼びしてごめんだけどろうさんという呼び方が可愛すぎてつい。)

ちなむと前回拝見したコミカルな吉谷さんコッグスも好き。ギャグセン高すぎた。
あと青羽さんコッグスがどんな感じなのか見てみたいなー!可愛いんだろうなー!


中里さん♡

中里さんは1分1秒いつなんどきも余すところなく可愛いオブザイヤー受賞されててまじおめでとう可愛い。

変わり者ベルのときにお尻ふりふりしながらカゴ突き出して歩いてるのも可愛いしナプキンちゃん?で村人をやっつけてヤー!してるのも可愛いしお皿ちゃんでテッシュ目元に当てながらふえーんしてるのも可愛いしそんな感じで中里さんがいると中里さんしか見てないのでもちろんBOGとかだいたい中里さんのことを見ていたので後ろでシンガーさんがやってる振り付けとか全然知らなくて特カテBOGのとき「こんな振り付けあったっけ?」と思ったりして完全に「あ~そこジュニアしか見てないから振り違うわ~」現象が局地的に発生していた。
特カテBB(曲)前で優雅に踊っている中里さんも動作が美しくて超可愛かったです。


中里さんの演技が大好きなので名前がついてる役でまた見たいな~
(訳:中里メグお待ち申し上げております)

ガストン




ガストンといえば、BBってCFY拗らせ案件多すぎじゃないです??
ガストンがベルの家の前で無理やり一緒にダンスしてるやつ(曲名わからん)とかもう完全にしゃるうぃーやん!これ宮田ベルで見たらどうなるの!

ベル

「清く正しく美しく」
というスローガンがこんなに似合う子もそうそういないよね!
何もない休みの日とかもめっちゃ早起きしてそう。
毎年正月になると書き初めして部屋に貼ってそう。そしてパパが褒めてくれてそう。(フランスに書き初めなどない)

ゆきみさんの話になるけど、歌うときの口の形が可愛くてめちゃめちゃ好き…。
「夢が~~~」のときの母音アの口の形とあとどこか忘れたけど母音ウのときの形が特に好き。

ベルはいろんな意味で守備範囲が広いしどんなことも受け止めてくれそう。
そして野獣はそこに安らぎを覚えていそう。
なんだあの2人可愛いな……………。

そしてこのあとお互いに呼び合って確かめ合うところで涙腺崩壊やで!


特カテ


(7/4S)


あそこで正しい方に直してしまうと恐らくとても目立ってしまっていたと思うのでまああれで正解だったと思う。
気づいてたか気づいてなかったか知らんけど超ニコニコしてご機嫌さんだったの可愛かったので何でもいいです。






(宮島も行ってきた)


広島BB、千秋楽

千秋楽特カテは野獣とベル以外のメインキャストがそれぞれ手分けして挨拶されてたんだけど、丹下さんが泣いてて(涙を堪えてて)、うっかりもらい泣きしそうに…。
そして特カテBB(曲)のとき、早水さんの歌が珍しくブレたので驚いて見るとこちらも感極まれてる様子であった。


みなさん前楽ソワレの後にロビーで書かれたそうな。


広島で計6公演を観たんだけど、どの公演も客席が熱くて拍手もすごかったのが印象深かったこともあり、その相思相愛な様子がとても素敵だな~と感じました。

そして終演後には一輪の薔薇が配られました。


今回初めて2階席から観たんだけど2幕頭で野獣がベルを助けに来て倒れているところの照明がハート型になっていることを知って心の中で叫んだよねシャレオツすぎて。
あそこを観られて良かった!

こんな具合にまだまだ知らないことがたくさんあって、
逆にまだまだ「へえそうなんだ!」といろんなことを知っていくことができる非常に楽しいド新規期間でもあるので、なんというか未来が明るい。楽しい。



非常に楽しかったです。
しぞーかでまた観る機会があるといいな。


というわけで、以上。