Le rat mouillé

加藤美南ちゃん(NGT48)と新潟についての愛をまき散らすブログ(予定)。

『みなのえ公演』に見える自負と度胸〜NGT48劇場2020-11-1昼

だれか本店シングルのオンラインおしゃべりの振替手続きする気力をください。


てなわけで







f:id:hksw00:20201109201123j:plain


県外民OKになったぞーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!


待たせたな新潟!!!!!!



「みなのえ公演」は歴史を知ることで味わい深くなる


「みなのえ公演」はもともと、過去2回にわたってSHOWROOMで開催されてきた公演だ。今回は第3回目、という位置づけになる。

つまり、「セトリを組む」「ステージを完成させる」という面においては積み重ねてきたコンビ。

3回目にしてチャレンジングなセトリを組んできており、大変興味深いステージになっているので感想を書き連ねたい。


まあ過去2回ともタイミングが合わなくて観てないですけど



セットリスト

〜〜〜〜〜〜〜アイドルパート

〜〜〜〜〜〜〜おふさげパート

  • 誰のことを一番愛してる?
  • Make noise
  • Must be now
  • 絶望の後で

〜〜〜〜〜〜〜ダンスパート



便宜上分けて表記しているが、曲の流れは48G公演にしては比較的、いやとてもスムーズだ。

48Gの公演における曲振りや場面転換はどうしても小学生の学芸会*1のようになりがちだが、そうしたシーンはかなり少ない。(あるにはあるけど及第点じゃね??)(どこまでが意図的なものなのか知らんけど)


悪しき伝統は減らしつつ、アイドルの楽しさを味わうことのできる序盤からちょっとしたおふざけパートを挟み、公演の佳境へ進んでいくセットリストはまさに王道、正統派。
SHOWROOMから劇場にステージを移した「最初の公演」に相応しいスタンダードであると言えるだろう。


しかしそこはみなのえ。王道をなぞるだけのステージではもちろん無い。

特筆すべきはダンスコーナー〜『絶望の後で』〜『蒸発した水分』のフルスロットルパートだ。

ダンスパート
  • 誰のことを一番愛してる?
  • Make noise
  • Must be now
  • 絶望の後で


このパートは歌わず、マイクも持たず。2人ともがダンスのみに集中し、髪を振り乱して踊り狂う。


ダンサブルなナンバーで申し訳程度に口だけを動かす推しを見てそのあからさまな口パクにはなんとか目を瞑ってダンスを観るのに集中した経験のあるオタクは多いと思う(偏見)が、

そんなオタクの健気な気遣いを不要とし、ダンスだけに集中させてくれるみなのえのお心遣い(?)に、この場を借りて感謝申し上げたい。


聞くところによると、48G支店でも有数のダンスナンバーで構成されているようだ(Make noise〜Must be now)。

クラシック音楽でも何にでも言えることだが、ある分野において定評のある曲やあまりにも名の知れた名曲というものは、観る側(聴く側)の目が肥えているため当然その評価は厳しくなる。

知ってか知らずか、そこに敢えて飛び込む心意気。しかも間髪入れず、連続で。


う〜〜〜ん、チャレンジング。



そういえば『誰のことを一番愛してる?』って、萌香ぴがヤンデレを煮詰めたような表情で踊ってた曲だよね?なんだっけあれ


『絶望の後で』〜『蒸発した水分』という"文脈"

散々踊り尽くし精根尽き果てた末に後に待っている、
『絶望の後で』〜『蒸発した水分』という激アツ展開。

なんと言ってもこの2曲が、この公演における山場だ。
このセトリの"エモさ"には、点では捉えられない、多面的な魅力が内包されている。


ここでは3つのポイントに分けてその魅力を紐解いていきたい。


1.楽曲のメッセージ性

『絶望の後で』の解釈は聴く人によって乖離があるため割愛。

『蒸発した水分』は優しい歌詞だ。
「前向きに行こうぜ」という曲は掃いて捨てるほどあるが、この曲のように「自然と前向きになれるまで歩幅を合わせて寄り添ってくれる」楽曲はそう多くはないのではないか。



絶望の淵から空を見上げ、目から溢れた水分は蒸発していく。そんな儚くて愛おしい希望を感じられる、かけがえのない時間であった。



加えて、本人たちの境遇と照らし合わせるとさらに込み上げるものがある。

本当に、2人はこれまで"いろいろあった"。

2人の経験を『絶望の後で』〜『蒸発した水分』に重ね合わせて想像してしまうともう涙を禁じ得ない。



2.技術面
  • ダンスコーナー ←めちゃ難しいやつ
  • 絶望の後で ←体力限界突破
  • 蒸発した水分(歌) ←激しいダンスが連続した後で息上がってる状況なうえに技術的にめちゃ難しいやつ


補足で説明すると、『絶望の後で』までがマイク無しのダンスパート。『蒸発した水分』から生歌パートに入る。


ひとしきり踊り狂ったあとで『蒸発した水分』を持ってくるこの構成が正気の沙汰ではないことは、NGTオタならご理解いただけることだろう。

何を隠そう『蒸発した水分』は、ずば抜けた歌スキルに定評のある柏木由紀をもってしても「難しい」と言わしめるほどの難曲だ。


ダンスナンバーを踊ったあとで、MCも挟まずにイントロが流れ始めたときの武者震いたるや。



『絶望の後で』に関して言えば、CDの選抜メンと比べられてやんや言われるリスクは当然頭に浮かんだはずだ。そんなの織り込み済みで、リスクを物ともせず入れてきた度胸。思わず心の中で拳を突き上げた。


いや、多少の躊躇はあったのかもしれない。それでも、ダンスナンバーをしこたま踊り狂った後に絶望の後でをぶち込んでくるその自負と度胸(と少しの勇気)に私は何度だって拳を突き上げたい。


持てる四肢を動かし尽くし、精も根も尽き果てたその先の、一振り一振りに命の輝きがほとばしるようであった。


3.「みなのえ」として発されるメッセージ


『絶望の後で』は最新シングル『シャーベットピンク』に収録されている、いわゆるTDC選抜の楽曲だ。

加藤美南山田野絵両名とも、TDC選抜には選ばれていない。*2


このブログは「誰一人傷つけない」をモットーにしているため選抜に関する言及は避けるが、

言うに言えないもやもやした霧を、2人はパフォーマンスひとつで見事に晴らした。



※個人の感想です。



決して言葉にすることなくパフォーマンスで語る気高さと品の良さが愛おしいので私もこれ以上の言語化は控えるが、

みなのえ公演未視聴の方もぜひこのストーリーを読み取って欲しい。

アイドルとしてこれ以上のアンサーがあろうか。いや、ない。


まとめ
  • 楽曲のメッセージ性
  • 技術面
  • 「みなのえ」として発されるメッセージ


この3つの"文脈"を理解した瞬間、今回のみなのえ公演がいかに凄いものかを知ることになるだろう。

単なる「コロナで通常公演ができない間の埋め合わせ公演」などではない。

エンタメとして優れた演目なのだ。



そして……
全編にわたって演目の持つエモさの話に終始してしまったが、優れたパフォーマンス力ももちろん見どころの一つである。(アクロバットもあるよ!)


2人の歌声は特に、歌唱王決定戦への挑戦を経てより魅力を増している。


これからも「みなのえ」の進化から目が離せない。




※DMMで既に泣きながら視聴していたのに劇場で生で観たらさらに泣けたからこれから劇場入るオタクは気をつけなはれや!


番外編・Go to 新潟




最高でした。


以上です。

*1:正直、「次の曲、どうぞ〜〜〜!!」のような曲振り文化は滅んで欲しいと思っている。メンバーに非はない。悪しき伝統のせいだ。と思う

*2:でも歌で菅井ちゃんのA評価とったのすごない??!!?!かとみなダイヤモンドなどと散々揶揄された美南ちゃんがよ?!?!

運動嫌いのオタクが暗闇トランポリンに行ってきたのでレポ

暗闇トランポリンってなによ

ジャンルごった煮ブログなので検索からの流入はほぼないだろうけど、需要があれば。と思って書き記す次第。


今は変わらず加藤美南ちゃん(NGT48)と、新たに「ひらがなかみやど」というアイドルをメインにオタク中です。コロナの影響により、新潟には行けない日々が続いております。
つまりアクティブに動く機会が減っているのです……。

オンラインおしゃべり会にて画面に映る自分のまんまるとしたフォルムに絶望しつつ、

美南ちゃんと直接会えるようになったときには、過去最高の自分で会いに行きたい!

というなんともオタクな動機により『暗闇トランポリン』なるものに手を出したオタクの手記ですどうぞ。


ちなみに「そんなにカロリー消費できなさそうだった」といった主旨の体験ブログをよく見かけたので舐めてたけど運動不足の人はトランポリン舐めない方がいいマジで。


暗闇トランポリンを知ったきっかけ

前職の上司から「暗闇トランポリンの体験に行った」という話を聞いたのが約1年前。


「暗闇……で、トランポリン……をするんですか……?」
という自明な質問をしつつ、何それ楽しそう!と興味を唆られました。


そのときは別のスポーツジムに入っていたのでそれ以上調べなかったけど、

転職と引越しをきっかけにスポーツジムを探していたときにふと思い出したのでした。


「暗闇トランポリン」とかいう楽しそうなワードを。


とりあえず暗闇トランポリン体験レッスンへ


引越し先から近いところに「JUMP ONE」という暗闇トランポリン専門店があったので、体験レッスンを予約。
(LAVA系列らしい?たぶん暗闇トランポリン最大手)


下調べを万全にして、デメリットもちゃんと把握して理論武装して、そのうえで入会意欲はきちんと固めた状態で行きました。


なぜなら、
「営業トークが異常なほどしつこい」という口コミが滝のように流れてきたから。



当日来店、カウンセリングという名の営業トーク

来店して簡単に施設の説明を受けたあとは、カウンセリングという名の営業タイム。

今の自身の状況であったり、体型の悩み、叶えたいことなどの聞き取りなどが始まります。ニーズの顕在化。営業する上で必須事項ですね。

悩みや実現したいことなどを答えると、「それならトランポリンは最適ですよ!」といった趣旨の説明が始まります。だよね、うん。熱っぽく語るお姉さんの様子を見て、「わ〜〜これが噂の!!」とテンションが上がりました。


でも本気でそう思ってる熱量で語られたので、なんとなく信頼できました。オタクが推しについて語る時のテンションと同じだったため、シンパシーを感じてしまったのかもしれません。

暗闇トランポリンの体験レッスンに行くと我が身を省みることができます。


タオルレンタル無料、シューズ不要

  • タオルは嵩張るし生乾きで持ち歩きたくない
  • シューズも嵩張るしジムに置いて帰るとなると契約ロッカー代がかかる

この辺がめんどくさくてジム通いが続かなかったので、これは嬉しい。体験レッスンではお水も貰えました。

いざレッスン

基本フォームとかは教えてくれるし、インストラクターの見様見真似で飛ぶだけです。楽しいけど運動してない人にとってはまあキツい。ついて行くので精一杯。


でも陽気な音楽とパリピなインストラクターさんの掛け声に励まされながら、なんとか最後までやり切りました。楽しい。掛け声がすごいんや。パリピシャワーを浴びせられている感。

当方陰キャですがレッスン中だけはパリピ気分でノリに乗りました。


レッスン後の営業タイム

私はある程度入会意欲を固めてたし、「楽しかったら入ろう、そうでもなければすぐ帰る」という基準を明確にしていたので、レッスン後に即入会を決めて手続きしました。



周りを見渡すと、入会を渋っている人に対する

「えぇ〜何でですか〜〜!!やりましょうよ〜〜!!!」

「今入会されたほうが絶対お得ですよ!!!」

などなどすごい勢いのパリピ営業マシンガントークが聞こえてきたので震えました。かわいそうに……。



もう早速ちょこちょこ通ってるけど、そのグイグイ系インストラクターさんを見るとちょっと目線逸らしちゃう。(ド陰キャ


まあでもなんだかんだ楽しく通えてます。仕事終わりに通いやすいレッスンが多いし、更衣室やシャワーも綺麗だし。

土日はオタ活などなどのために開けておきたいので、平日の仕事終わりに行きやすいのありがたい。なんなら早朝にもレッスンあるから仕事の前にも飛べる。絶対行かんけど。推しに似て朝が弱い。




最終的に入会を決断した理由としては、案内してくれたインストラクターがバチェロレッテの福田萌子様に激似だったことが一番大きいです。
レッスン中ずっと萌子さんに見惚れてた。

萌子〜〜〜〜〜〜〜!!!

加藤美南ちゃんが自作した「シャーベットピンク」個人MVがエモーショナルすぎるので全人類かならず観るべき

加藤美南ちゃんが自分で作ったソロMVが公開になったよ


まずは、「シャーベットピンク」の音源使用を許諾してくださったユニバーサルさんへ、心からの感謝を述べたい。


ちょっと前から、美南ちゃんが「みんなが喜んでくれること」があると嬉しそうに匂わせていたので、何かと思ったら。

「シャーベットピンク」ソロMVを自分で監督・主演して作っていました。かわいい。まずそのファンを喜ばせようという精神が既にかわいい。

ティザー映像

本編

https://www.instagram.com/tv/CC-zGzJH9eM/?igshid=1es6lfab86icb

↑まじで見て。加藤美南ちゃんとの夏が始まるから、まずは見て。


私のスクショは諸事情によりクソ画質なので、上記のリンクから、見て。

個人MVの設定

「シャーベットピンク」本MVと同じく、個人MVも「新潟で久しぶりのデート」という設定。カレンダーから夏の始まりを喚起させる作りは、さすが秋元康プロデュースのアイドルです。

加藤美南ちゃんの「シャーベットピンク」個人MVの1シーン、デート相手を待っている様子
新潟の海と加藤美南ちゃん

新潟の海が、美しいことこの上ない。加藤美南が、美しいことこの上ない。
水しぶきバシャーンってやるタイミングがね、落ちサビかどこかのギュイーンってなるところで。ときめきの音だ!!!ってなった。


もちろんダンスシーンもあるのですが・・・コロナ禍でずっと体も動かせてなかっただろうに、相変わらずしなやかで美しくて、でも力強さとキュートさも同居している、弾力のあるダンスで。形容詞が多すぎて読みづらい文章になってしまうのはすべてひとえに加藤美南ちゃん、きみが素敵すぎるせいです。

美しすぎる美南ちゃん

「横にいる美南ちゃんがこちらを振り返る」というシーンがたくさんあるのですが、まあ美人。

見返り美人とはよく言ったもので、多分最初に「見返り美人」と呼称した昔の人は2020年に生きる加藤美南ちゃんの振り返る姿が予知的に見えたのだろうと思うくらいの美しい振り返りシーンがふんだんに盛り込まれています。キュンです。

こんなの恋でしょ美南ちゃん
こんなの恋でしょ美南ちゃん。あれかな、2020.7.22が付き合った記念日なのかな。って錯覚するくらい、キュンです。

これまで散々っぱら天才だ天才だと賞賛してまいりましたが、さすがにここまで天才とはまた想像のさらに上を行かれてたまげました。

しつこいようですが個人MVはこちら↓
https://www.instagram.com/tv/CC-zGzJH9eM/?igshid=1es6lfab86icb



ていうかそもそも単純にクオリティが高い。想像の500倍はクオリティが高い。これ美南ちゃん自分で作ったん?これ無料でええのん?いやあかんやろと思ってその後個人MV購入代金としてLINE LIVEでギフト投げたわ。
そうです加藤美南ちゃんLARMEオーデがLINE LIVEで開催中です。骨の髄からLARMEオタクの美南ちゃんを応援しよう!!
↓フォローだけでもしてね
live.line.me


「シャーベットピンク」購入はこちらから

※ただのオタクがパッション溢れて書きなぐったブログなので、マネタイズとか一切してません安心してね!!!!

気になったら買ってね!ちなみに研究生楽曲が入っているのは初回盤Bだよ!!!

シャーベットピンク

シャーベットピンク

  • NGT48
  • J-Pop
  • ¥255
後悔ばっかり

後悔ばっかり

  • NGT48
  • J-Pop
  • ¥255
絶望の後で

絶望の後で

  • NGT48
  • J-Pop
  • ¥255